夏の維新劇場特別インタビュー vol.4 池上丈二 15

池上丈二

Vol.4 維新劇場で狙うは初ゴール。ルーキー、池上丈二の夏の誓い。

8月のホームゲーム3試合は「夏の維新劇場」。上位浮上に向けて、絶対に負けられない試合が続きます。「夏の維新劇場」開幕に向けてお届けする『夏の維新劇場「夏の誓い」』。第4弾は、15.池上丈二選手に夏の試合への意気込みを聞きます。
池上選手は今シーズンのキャンプ中に合流した大卒ルーキー。身体能力が高く、スペースが限定されて脚の振り幅が小さくなっても、コースを捉えた鋭いシュートを蹴り出すことができます。22.和田昌士選手の初ゴールに繋がるシュートを放ったのも記憶に新しいところ。「夏の維新劇場」では自身のJリーグ初得点も目指す若きアタッカー、池上選手の夏の誓いです。

池上丈二

--カルロス監督からはどんなプレーをしてほしいと言われていますか? 監督からは攻撃の部分を期待されていると思いますが、守備の部分ではもっと厳しく行くようにという指示があります。練習でも守備の時間も多いです。どう奪い返せるかというのがポイントで、高い位置で奪い返せるとチャンスになるので、奪ったあとは懸命に追いかけないといけないです。

--攻撃の部分では池上選手は難しい体勢からもシュートに持ち込めています。初ゴールへの期待も高いです。 横浜FCとの試合(第17節)でももう少しというところでした。ゴールは動かないのでしっかり決めないといけない。キックの質は意識して、抑えて蹴られるようにと考えています。

池上丈二

--「夏の維新劇場」の初戦は熊本戦。池上選手の地元のチームとの対戦です。 「夏の維新劇場」の最初が熊本戦ということで、地元との試合にもなりますし、結果というのは出したいです。山口のチームに来て、『熊本出身の池上丈二が頑張っている』というのを、プレーや結果で示したいですね。

--夏との相性は? どう見えますか?(笑) たぶん相性はいいのかなと思います。山口はこれまでいたところよりも暑いですが、攻撃では自分の特徴のパスの質やセットプレーなどの部分を出していきたいです。

--山口の暑さはやはり違いますか? そうですね。朝、家を出るときから、うわっと思うような感じの暑さです。でもいい感じに動けていますし、やっぱりレノファのサッカーをするには走らなければいけないと思います。前節の横浜FC戦はベンチから見ていましたが、ボールが回せていても前で詰まったりして、なかなか入っていかなかった。それは人が動けていないということでもあるのかなと思います。自分が出ることができたら、運動量も上げていきたいと思います。

池上丈二

--お手本にしているような選手はいますか? そういう選手というのは特にないです。それよりも自分のプレーを磨いて、もっと成長していきたいですね。

--最後に、夏の戦いに向けてメッセージを。 この暑い中でも、たくさんの方にずっと応援していただいています。維新公園は本当に一体感のあるスタジアムで、そこで山口県のみなさんにたくさん応援していただいているので、結果で応えたいと思います!

夏の維新劇場 特設ページに戻る